有名人にも切手を集めている人が多くいます

日曜日, 7月 17th, 2016 @ 12:00 AM

小学生の頃に切手を集めていた人も多くいますが、これは一般の人だけではなく、現在メディアなどで活躍中の有名人の中にもこのような人々が存在しています。

物を集めると言う事を趣味と呼んでいますが、切手を集める人の事を収集家などと言います。

収集家の中には日本だけではなく、イギリスやアメリカ、中国などの外国のものを集める人もいますし、未使用品だけではなく、使用済みのものを集めている人も大勢います。

物を集めるため楽しみと言うのは、自分が今まで持っていなかったものを所有することが出来ると言う魅力が在り、子供の頃にブームとなっていた切手収集を行っていた人も多く、現在では40代~60代と言う年代になっているケースが多く在ります。

尚、ブームが去る事で収集家の数は激減したと言われており、現代において収集をしている人はブームの時代と比較すると少ないものの、ネットオークションなどに出品をすることで入札者が多くいることからも、切手のブームは去ったと言われていますが、収集家は存在していること、そして価値は下がっているとはいっても、集める人にとって安い金額で集められると言う別の意味での魅力が在るのが切手だと言われています。切手収集をしている人はブームの時代と比べると少ない、そして専門店などに持って行くと集めている人が少ない事やブーム以降に発行されたものは市場に多く在庫となっているため、バラ品などの場合は買取りを断れてしまう事も多く在りますし、ブーム以降の切手の中には一部プレミアが付くものも在りますが、大半が額面を下回る金額で取引が行われるケースが多いなど、切手の価値と言うのは年々下がっていると言います。

因みに、専門店では買取りだけではなく、販売を行っているお店も多く在りますし、販売を専門に行っているお店も多く在ります。

郵便局で購入する時には記載されている額面を支払う事で買う事が出来ますが、専門店などの場合は額面よりも高い金額で購入する事になります。

これはそれぞれの切手の価値に応じて値段が定められているからなのですが、ネットオークションの場合は額面と同等もしくは額面よりも高い金額で落札が出来ることからも、有名人の中にはネットオークションを利用して自分が持っていないものを入札すると言うケースも在ります。

尚、有名人の中でもアナウンサーの安住紳一郎氏は、オークションを利用する人の一人でもあり、詳しくは安住紳一郎 切手収集を熱く語るを見て貰えると切手の魅力を教えてくれます。

Posted in 切手 | No Comments »

Leave a Reply